スー イラストレーション★現代美人画アートギャラリ

sioux illustration ★ modern bijin-ga art gallery

【展示:終了】 2013年夏の個展レポート2【コラボアーティスト】

今回の個展で叶った異ジャンルアーティストとのコラボレーション。
3人とも私が個人的にすきな作家さんばかりで、お願いして、OKしてもらって良かった!
3人3様なコラボスタイルで、それぞれのパワーが溢れ出す作品になった!
今回はこちらのレポートを。

”コラボキカク「& sioux」”

1.Shiori コラボ「トキメキ★Sparcle」
shiori
■Shioriコメント■
☆☆ドキドキ キラキラ ☆☆
女の子のトキメキは永遠にー

1枚のパネルをお互いにやりとりして、絵をかさねあわせていくコラボレーション。
shiori>sioux>shiori>sioux と、お互いの筆を1枚の紙の中に織り重ねていきました。
キラキラとした夏の女の子のハート、きゅんきゅんときめく感じとか、夏の熱量、そんな私の中にあるイメージを、shioriちゃんと共有し、shioriちゃんのなかにある夏を引き出してもらって、同じ目の高さから描いた作品になりました。作品の中にハートの形はいくつあるでしょう?実は、女の子の目の中にも、ちいさなハートがきらッ★しているのです。
Shiori × sioux
http://shiorizm.com
https://www.facebook.com/shiorizm0523


– – – – – – – – – – – –
2.スサイタカコ コラボ「ドロップ」
スサイタカコ
白い布にまずsiouxが絵を描いて、スサイタカコちゃんがその布を切って縫って描きこんで、
あたらしい命を吹き込んでいくコラボレーション。
スサイタカコちゃんとのコラボの元の布。 スサイタカコちゃんとのコラボの元の布。
テーマがキラキラで、ぜひキラキラさせてほしい…。とお願いし託した布。私のもとへ送られてきたこの子は、両手を胸の上で交差し、両足を折り曲げて、まるで赤ちゃんのように生まれてきました。
IMG_0117
個人的にも彼女のニンギョウの世界が大好きで、彼女の作るニンギョウは「触れられる」ところがポイント。
期間中、みんなに楽しくあそんでもらいました。
ひとつずつのパーツが、目、鼻、クチ、の、「顔」に見えた瞬間のお客さんの笑顔が楽しい作品になりました。
susaisioux
http://www13.ocn.ne.jp/~taarucci/
https://www.facebook.com/takako.susai

■スサイタカコ コメント■
sioux ちゃん(さん?)コラボのお話をいただいて、sioux ちゃんの綺麗なキラキラしたオンナノコの絵とコラボできる…といぅ嬉しさと同時にどうやってコラボしていけるかな…とドキドキしました。
2人で話しながら、
スサイはふだん、布を素材に立体を制作しているので、sioux ちゃんに布に絵を描いていただいて、スサイがその布を素材に立体にすることになりました。
sioux ちゃんが制作してくれた布は、そのまま額に入れたいくらい綺麗で、かわいくて、ハサミをいれるのはしのびなかったですが
なるべくsioux ちゃんの描いた絵をすみずみまで使えるように、カタチを決めました。
sioux ちゃんの絵の色も好きで、立体にできていく作業がたまらなく愉しい制作時間でした。
コラボいぃですね‼
一緒にできてよかった。sioux ちゃんありがとう。

– – – – – – – – – – – –

3.427FOTO コラボ「『眠りの森』より ねむりのもり/ねむれのもり」
■427FOTO コメント■
月下美人
その不適な笑みは
一体何を意図するのか・・・
427FOTO
写真家でもあり、アートディレクターでもある427FOTOのタカミツさんに、
「siouxの描く水彩画/現代美人画の世界」を彼の写真でアートディレクションしてもらうという
アプローチのコラボレーション。
まず私の脳みその中身(?)をお伝えしました。
描いている事象や心象や、ビジュアルと内面を共有しあい、そしてひとつの「眠りの森の美女」というテーマで
二人それぞれのビジュアルを作成しました。
森の奥の蒼黒い植物に埋もれ、やわらかく光る女性の白い肌。
それをせーので出し合った作品が、まさかの構図の以心伝心!
427FOTO×sioux

なんか1家族みたくなっておりますが、彼の子ではありません。w
427sioux
http://427foto.tumblr.com
http://www.facebook.com/427FOTOworx
– – – – – – – – – – – –


以上、コラボ作品についてでした!

※誠に勝手ながら7月23日から25日の間は出張(旅行兼)のため、左記期間の受発注は承りかねますことを悪しからずご了承くださいませ。よろしくお願い申し上げます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント