sioux illustration ★ modern bijin-ga art gallery

透明水彩で描く美人画 オンラインクラス 需要調査のお知らせ

7月 20th, 2021 — 2:49pm

水彩絵の具のコツがわかる!美人画イラストレーターから学ぶ、透明水彩で描く美人画
唐突ですが

透明水彩で描く美人画をsiouxにオンラインで習える、
必要な画材・道具も全部ついてくる


としたら、やってみたい方、いらっしゃいますか…?


101.gg/sioux

こちら、まだ需要調査の段階になります。

200人の「いいね」が集まったら実現する企画です。

ぜひリンク先の、ピンクのいいね👍をクリックして、普段お使いのアドレスを登録してください。
需要調査にご参加いただけると、3000円のクーポンがもらえるので、興味のある方はぜひよろしくお願いします。

水彩絵の具のコツがわかる!美人画イラストレーターから学ぶ、透明水彩で描く美人画

こんな仕組みということです。

産前に、何度かカフェやギャラリーで、私が下絵を描いたものに透明水彩の塗り絵をしたり、透明水彩で絵を描くワークショップを行ったことがあるのですが、
なにせ
「絵の具で絵を描く」ハードルが高い! という声が多かったのが印象的でした。

小学校の図工の時間のほろ苦い思い出。

・色が混ざりまくって、絵が全体的に茶色
・画用紙がよれよれに波打っちゃう
・紙の表が擦れてふにゃふにゃになっちゃう
・思ってたんと違う


みたいな経験を繰り返して
もう絵の具なんていいや…

ってなっている方
挙手!

私もそうでした笑

でもワークショップにいらしたそういった方々が、透明水彩絵の具の特徴や使い方を学んで、
思ったような色使いを体験できたり、水彩絵具らしいテクスチャの出し方を習得できた!という喜びの声をいただくと、
私も心からやってよかったと思うのです。

[写真は以前おこなったワークショップの様子]

私は美大を出て絵を勉強してきましたが、
正直なことをお話すると、実は
水彩絵の具の使い方をどなたかに習った事はありません。
独学です。

美大ではデザイン科に入学したので、
配色(色の使い方)やデッサン(物の見方や形の取り方)を教わっていますが、

その時に使っていた画材は鉛筆とアクリル絵の具。大学入学以降は、りんごのマークのパソコンでした。

(ちなみに、見た目が似ているアクリル絵の具と水彩絵の具は何が違うのかというと、アクリル絵の具は、1回乾くと水に濡らしても色がにじむ事はありません。耐水性です。水彩絵の具は、いちど乾かした色でもその上から水で濡らせばまた溶けて、色を調整することができます。親水性の高い絵の具です。)

私は自分の表現を追求していくなかで、画材も試行錯誤しながら現在の透明水彩絵の具で美人画を描くスタイルに辿り着きました。


 
この投稿をInstagramで見る
 

sioux | Artist・Illustrator(@siouxco)がシェアした投稿



透明水彩絵の具の高い透明感、
輝くような鮮やかな発色、滲み、揺らぎ。

また使い方によっては、厚塗りをして油絵具のような力強さを描き出すこともできます。

私が描きたい女の子たちには、今のところこれ以上ない、ぴったりの絵の具のように思います。
今は私の独学ならではのアプローチや気づきが、そのまま絵に写し出されていると思っています。

sioux 透明水彩 美人画個展DM
sioux 透明水彩 美人画個展DM2019
sioux solo exhibition2016 :恋の泡沫

ただの独学ではいけないと思い、
後から技法の本などを読み漁り勉強して、「こんなふうに描くのか…」と呆然としたことが何度もありました。

私が透明水彩絵の具でワークショップをする理由はいくつかあります。

まず、ありがたいことに、お客様やファンの方から「やってほしい」と言われることが第一ですが、

私は制作の最中の、画用紙の上に水の乗った状態の美しさもできることなら皆さんと共有したいと思っています。

絵の具が水に溶けていく様子や
画用紙の上に絵の具を乗せたときの
滲み広がっていく様子の美しさを
見てもらいたい。


 
この投稿をInstagramで見る
 

sioux | Artist・Illustrator(@siouxco)がシェアした投稿



完成した作品は、絵の具が渇いてしまった後にしか存在しえません。

光の加減で画用紙の表情が変わっていく
水分を含んだ「動」の絵の様子は、
過程を共有した人にしか見ることができない、特別な時間です。

透明水彩絵の具の作品は、
気持ちと時間にゆとりがある時にしかけません。

何故かと言うと、

待つ時間、
乾かす時間、

これがとても大事だからです。

学校の図工の時間で茶色くなってしまった絵は、授業時間に間に合わせるために慌てて塗って、収拾がつかなくなってしまったためです。

水と絵の具のちょうどいいバランスでの使い方を学び、どうすればどうなる、という理屈を知れば画用紙の表がぐちゃぐちゃになることも茶色くなることもありません。

本来、水彩絵の具の色はとても綺麗な、鮮やかな色をしています。

それを自分が作り出す楽しみをお伝えしながら、感動を分かち合えたら嬉しいです。

透明水彩絵の具の、美しいにじみや
色が混ざり行く様子に癒されるゆったりとした時間は、
とても充実したおうち時間になるのではないかと思っています。

おうちでできるので、誰か他の生徒さんが一緒にいて、描いている作品を覗き込まれる…という心配もないですし、
マイペースに自分のちょうどいいタイミングでできるところもいいな、と思います。

また、道具も全てお届けできるので、手元に絵の具がない方でも1からのスタートではじめられます。

こちらのCLASS101で
siouxの今開講の需要調査をしています。

101.gg/sioux

siouxの透明水彩で描く美人画・イラストレーションクラス
200人集まったら実現します。

いいねいただいた方には早割クーポンのプレゼントがあるということです。

やってみたい!と思った方いらっしゃったらぜひ、
リンク先の、ピンクのいいね👍をクリックして、アドレスを登録お願いします!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

制作準備Youtube [画用紙を木製パネルに水張り]

6月 7th, 2021 — 5:15pm



絵を描く前に行う「水張り」の動画を撮りました。

美大受験で平面構成をするときとか、美術専門学校の方とか毎日のようにやらされる水張りですけれども
画用紙をパネルサイズより1cmほど大きく切って枠をぐるりと水張りテープで囲む方法が主流でしょうか。

私はその方法でずっとケント紙を水張りしていたんですが、
今回は水張りテープを使いません。

パネルを画用紙で包み、裏からホッチキス(ガンタッカー)で止める方法です。

この方法で水張りをすると、パネルの全方位から見ても画用紙なので、作品の側面を描くこともできます。

完全にフィニッシュは、パネルの裏側の画用紙の縁を処理するため、
裏側に水張りテープを貼り用紙の縁を抑えて完成なのですが
今回はデータ納品用のイラストのための水張りで、
仕上がった作品は外す前提なのでテープ留めはしません。


{この動画で使っている道具}

⭐︎木製パネル(こちらはF4サイズ)


⭐︎ナムラ 刷毛 B印 絵刷毛 30号

⭐︎ガンタッカー

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

「海月夜」「花月夜」制作過程YouTube

4月 29th, 2021 — 12:28am



実は少し前からYouTubeを始めました。
サイトのトップ動画は以前からあったのですが、これからは制作の過程や使っている画材諸々の動画コンテンツわマイペースに更新していこうと思います。

ACT小品展2021に出展中の作品の
制作過程を撮りました。

ゴールデンウィーク中のおうち時間の中でお楽しみいただけたら幸いです。


おまけのクイズ

・途中で猫の声が一箇所だけでてきます。
・筆の運びに効果モーションが一箇所だけつきます。


見つけてくださいね。

私が使用している透明水彩絵の具です

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

【展示】2021小品展 サムホールサイズの透明水彩原画新作を展示

3月 18th, 2021 — 7:00am


今年もサムホールサイズの新作を展示する毎年恒例の「小品展」にお声がけいただきました。
画像は過去に出展した小品作品群です。

たくさんの作家さんの作品が一堂に見られる楽しい展覧会です。
また、サムホールサイズは買いやすいサイズ・価格のものも多く、アート作品購入デビューにも、なかなかおすすめの展覧会です。
会場にはギャラリースタッフもおりますので、作品購入や保管、飾り方などについてのわからないことは、どんなことでもぜひお気軽に聞いていただければ、いろいろ親切に答えてもらえると思います。(※お客さんがたくさんいらっしゃって忙しそうなタイミング以外を狙うと良いと思います)


[ACT小品展2021]

120名を超える招待作家とともに240点以上の小作品を展示いたします。
本展は4月27日 17時より、オンラインショップでも販売いたします。

■会期
2021年4月27日(火)-5月9日(日)
11:00-19:00 ※月曜休館、最終日16:00まで 月曜休館

※社会情勢により開催日程や入場方法が変更になる可能性がございます。

■入場料 無料

■会場
The Artcomplex Center of Tokyo (ACT)
〒160-0015 東京都新宿区大京町12-9,2F ACT3-5
TEL 03-3341-3253
E-mail info@gallerycomplex.com



※オンラインショップは初日17:00より販売開始いたします。

https://gallerycomplex.shop-pro.jp/

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

【展示】高円寺の大怪店にて「美しく艶やかな怪」をテーマにしたグループ展◆2012/2/18〜28まで

2月 18th, 2021 — 4:18am

sioux artwork2012 にんぎょ

数年前
「座敷童ちゃん」と「小袖の手」そして「あかなめ」で
参加させていただいた、
大怪店さんの展示にお呼ばれいたしました。

初日昼すぎに少し在廊予定です。

大怪店「妖艶怪画展」

2021.2.18木〜28日(23・24定休日)

平日12:00-18:00
土日祝12:00-19:00

※最終日のみ17時終了

東京都杉並区高円寺南3-44-17-2F
大怪店ギャラリー
050-5309-2219

入場料無料

出展作家:(順不同)
第3工場/高橋 まや/大蛇堂/sioux/SRBGENk/仁彩/吉田真美/Makiko Kodama/とおあまりみつ/etc

今回初フルデジタルの作品を制作しました!
現場でわかる、
デジタル作品ならではの
ちょっとした仕掛けがありますので、
よろしければぜひお店へ見に来てくださいね。




#妖艶怪画

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

2021 新春展 2021.1.8-1.17アートコンプレックスセンターにて オンライン同時開催

1月 8th, 2021 — 4:00pm

2021sioux 新年のご挨拶と新春展

2021年になって1週間以上経ってしまいましたが、新年あけましておめでとうございます。

昨年末の個展「喫花レジリエント」では、たくさんの応援やご来場、そしてご売約をありがとうございました。

コロナ禍で外を歩きにくい中、お越しくださりありがとうございました。
またたくさんの応援をいただき、オンライン上でもご覧くださって、とても励みになりました。

夏のグループ展でも感じたことでしたが、人と会うこと、顔を見て直接会話できる嬉しさを、改めて感じる2週間でした。


おかげさまでこのたびの新作も、すべてお迎えいただき、完売になりました。

どんなシチュエーションでも、出来るだけ多くの方へ少しでも作品をお伝えできるように、
今回は会場からのインスタグラムライブやSNSを使った制作・展示の動画、作品解説などを行なってみました。

今後もまたこのような状況が続く中で、わたしにはどんなことができるのかと
何度も考えさせられた時間でしたが、
やはり会場へ足を運んでくださった方皆さんが口々に伝えてくださる
来てよかった、生で見ることができてエネルギーをたくさんもらえた、癒された、リフレッシュした…等等のたくさんの言葉を支えにして、
絵の持つパワーを多くの方にお伝えできたらいいなと思います。


今年一つ目の展示は、

The Artcomplex Center of Tokyo企画
2021 新春展

アートコンプレックスセンター2021新春展

2021年
1.8 金曜日 〜 1.17日曜日
11:00-19:00 最終日は16:00まで

■会場
The Artcomplex Center of Tokyo (ACT)
〒160-0015 東京都新宿区大京町12-9
TEL 03-3341-3253
E-mail info@gallerycomplex.com

■入場料 無料


https://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT211/2021.html

ギャラリーのオンラインギャラリーショップは8日の15時にオープン予定です。


https://gallerycomplex.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2608702&csid=81

個展で出す予定だった「星屑ラチェット」、
そして「雪虫」の2展を展示していただいています。


sioux作品 「雪虫」
ご無理のない範囲でお楽しみいただけましたら幸いです。

オンラインギャラリー
※社会情勢によって開催日程や入場方法が変わる場合があります。
※最新情報はアートコンプレックスセンターホームページをご覧ください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

透明水彩による現代美人画・sioux個展[喫花レジリエント] 2020年12月15日〜27日まで・東京アートコンプレックスセンターにて

12月 7th, 2020 — 5:04pm



Modern bijinga artist sioux solo exhibition2020
現代美人画 画家 sioux 個展 [喫花レジリエント]KIKKA
2020年12月15日(火)〜12月27日(日)
11:00-19:00 (最終日17時まで)

2F ACT3 ※月曜休館。ご注意ください
※社会情勢により開催日程や入場方法が変更になる可能性がございます。

The Artcomplex Center of Tokyo
160-0015 東京都新宿区大京町12-9 2F ACT3
TEL 03-3341-3253
E-mail info@gallerycomplex.com
http://www.gallerycomplex.com/

会期中は、オンラインギャラリーも併設される予定だそうです。

入場料 無料

【ギャラリーでの新型コロナウイルス感染防止への対応について】

ご来場者様の感染リスクを極力低減する為に
ご理解とご協力を賜りますよう何卒宜しくお願い致します。
・お部屋への入出は、入場人数が定員になり次第、お待ちいただく形となります。
・アートコンプレックスセンター2階、受付にて、 全てのお客様に入館記録(お名前・ご連絡先)をご記入いただきます。
・また、非接触型体温計にて、検温を実施いたします。
・混雑状況により、入館規制をかけることがございますので、あらかじめご了承ください。
皆様のご協力をお願いいたします。
 ※状況により、再度アポイントメント制・事前予約制になる場合がございます。

■ギャラリーの対応について
・会場内とお手洗いにアルコール消毒液を設置しております。
・営業中、定期的にお手を触れ易い箇所(ドアノブや机の上等)の消毒を行っております。
・適切な環境保持の為、こまめな換気を心がけております。
・当面の間、レセプションなどパーティーの自粛をしております。

■ご来場者様へのお願い
・ご来館の際にはマスクの着用をお願いいたします。
・ソーシャルデイスタンスを保って作品をご観覧ください。
・体調のすぐれない方のご来場はお断りさせて頂く場合がございます。
・会場に入られる際に、アルコール消毒液での手指の消毒にご協力ください。
・ご帰宅時には、感染防止の為、うがいと手洗いをお願い致します。
 なお、作品に関するお問い合わせは会期中受け付けておりますので、
 info@gallerycomplex.com までお問い合わせください。

【WEB上での展示、オンラインショップでの作品販売について】 
オンラインショップからのご購入が可能です。ぜひご覧ください。
※展覧会により、オープン日時が異なること、抽選になる場合もございますので各展覧会の詳細ページをご確認ください。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.gallerycomplex.com/v.html


*

潤う細胞の煌めき
鮮やかな色と
瑞々しく豊かな匂い。

「花」はエネルギーの象徴で
わたしは女性画によく花を描きます

「花を食べる」という画集を
2005年に作りましたので
このたびは
「花を喫う」という
もっと軽やかな言葉に
美しいものを表していきたい思いを
託しました。

あらゆる事象を柔らかく
しなやかに受けとめて筆に乗せ、
美しい姿に変えて描こうと思います。


*



今回は新作の他にもポタリー作品や大きな作品もお目にかけたいと思います。

自粛生活で見慣れたデジタルの画面ではない、生の絵画のある空間で作品をご覧いただくことで、皆様になにかちょっとした体感をしていただけることと思います。
年末の、寒くお忙しい時期です。ぜひお身体、ご都合が優先で、無理なくお越しいただければ幸いです。

[sioux在廊予定日]
ツイッター、フェイスブックなどSNSで随時更新します。
また、作家在廊時刻は予告なく変更になる可能性があります。

12/15 11:30 – 15:0012:00-16:00
12/16 未定
12/17 11:00 – 16:00~未定 11:30-19:00
12/18 未定 14:00-19:00
12/19 11:00 – 終日在廊予定
12/20 11:00 – 終日在廊予定
12/21 休館日
12/22 11:00 – 16:00不在
12/23 13:30 – 終日在廊予定 14:00 – 終日在廊予定
12/24 13:00 – 15:00
12/25 11:00 – 終日在廊予定 13:00 – 終日在廊予定
12/26 未定
12/27 11:00 -終日在廊予定(17時まで)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

【お仕事】2021年丑年 年賀状イラスト ムック用 和風 水彩画 特撰年賀状

10月 22nd, 2020 — 2:39pm


2020年もそろそろ年賀状を考えるシーズンになりました。
来年は丑年です。今年も晋遊舎年賀状ムックのお仕事をさせていただきました。
「特撰年賀状」のコーナーで使っていただいております。
私は動物を描くのも好きなので、毎回楽しみながらお仕事させていただいています。

今回は華やかで福々しい縁起の良いデザインと、
シンプルで優しい、品のあるデザインを2つ描かせていただきました。

黄色いお花のモチーフの方には、
縁起を担ぐ吉祥文様の「宝尽くし」の柄のなかから、

・打出の小槌…願いを叶え敵を倒す

・金嚢(きんのう)・宝袋…お金や財宝を入れる袋、お財布 金運アップ

・軍配…勝負の象徴、防具、防災、邪気払い

の柄を入れました。

シンプルな墨絵風の(水彩なんですが)方のデザインでは、
柔らかな初日の出と梅の花に、穏やかな表情の牛を描きました。

ぜひお手にとってご覧いただければ幸いです。



楽々プリント年賀状 福 2021年版 (100%ムックシリーズ)




かんたんパソコン年賀状2021 (100%ムックシリーズ)


※クリックでアマゾンにリンクします。
以下、ムックの中身を少しご紹介しますね。


表紙にも使っていただいてありがとうございます。
定番、和風、カジュアル、ビジネスなどたくさんのカテゴリがたくさんあって、素材別のデータもついているのでカスタムで作りたい方にもおすすめです。




インク節約なんてカテゴリも。笑


ご家族の近状報告にも使えるデザインも豊富ですね

しかも試し刷りのためのハガキまでついているという親切さ・・・
丑年の年賀状にぜひ!

sioux近状:個展までの追い込み中です。ツイッター、インスタグラムに下書きや製作過程などを公開していますのでよろしければフォローお願いいたします^^


Twitter @siouxco
instagram @siouxco

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

イラスト・デザインの新規製作受注 一時停止のおしらせ

10月 20th, 2020 — 3:52pm

いつもsiouxのwebサイトをご覧いただき、ありがとうございます。

また、イラストを気に入ってくださいましてありがとうございます。

2020年10月現在、
新しいお仕事のご依頼につきまして、一時的にストップさせていただきます。
再開は2021年1月下旬頃させていただきます。

大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますよう
よろしくお願い申し上げます。

2020.10.20
sioux



siuoxのアートワークやgoodsを購入できる
web shopはこちら

sioux mart

[sioux mart]https://siouxart.thebase.in

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

メディア掲載【透明水彩での美人画個展が河北新報に取材記事掲載されました】

10月 9th, 2020 — 5:55pm

■2011年1月4日、東北、宮城、仙台の新聞「河北新報」夕刊に取材記事が掲載されました。
「匂い立つ平成美人画、どう描く?」

河北新報 [匂い立つ平成美人画、どう描く?]
アートコンプレックスセンターでの個展を河北新報の夕刊で取材いただいた時の新聞がでてきました。
年齢逆算するとバレますが(笑)そういえばきちんとお知らせしていなかったな、と思い、10年を経てwebに掲載させていただきました。

私の生い立ちと、出身地について少しお話します。
実は、私はうまれ、育ちがずっと仙台だったわけではなく、生まれたのは福島県大沼郡三島町という、自然の豊かな雪深い場所でした。

父の仕事の転勤で、3歳から宮城県仙台市中山へ引っ越し、小学校1年生までを過ごしました。

その後は東京と仙台を2、3年ごとに往復する学生時代でした。
小学校は仙台市立八幡小学校、中学は仙台市第一中学校、高校は宮城第一女子高等学校(現在の宮城第一高等学校)を卒業し、(東京では武蔵台小学校に2年、杉並区立井荻中学校に2年半在校)美大を目指すために仙台美術予備校へ2年間通い東京造形大学へ入学してのち、ほとんど東京にいます。

大好きだった絵を描く仕事をしていくことになったのも、仙台での小学校や高校での友人たちとの出会いはなくてはならないもので、宮城県美術館や博物館も近い文教エリア、自然も豊かながら街までもすぐ出られる最高の場所に育ち、たくさんの印象深い景色のなかで、私の中に仙台での経験がとても深く根付いているからこそ、「出身は仙台」と答えているのだと思います。もちろん中学時代を過ごした杉並も大好きな場所ですが、(人生のうち2年半しかいなかったことが信じられないほど自分に根付いている場所でもあります)仙台で得た多くのものが、今の自分の創作活動の中にいきていると感じています。

今は実家が仙台にあることもあり、年に数回訪れる場所です。
仙台にいたときは自分の家でも読んでいた、東北、宮城といえば「河北新報」!という新聞の夕刊のトップ一面に掲載していただけたことは、とても誇らしく、少しは地元に貢献できたかもしれません。

仙台に帰るたびに街の景色が新しくなりますが、吹いている風や空気の匂いは同じだなと思います。

これからもぜひ仙台での展示やお仕事もできたら嬉しいな、と思います^^

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加